疎開か移住か

二次非難場所の申込終了の報告を受けて

3・11日の震災後、フクイチの事故があり 多くの人が被災地に向けて逃げるよう

避難するよう、子どもと妊婦さんをもっと遠くへ避難させるようにと声があがった。

 

あの時点では、「行き先」(避難場所)がどれくらいあるのか見えていなかった。

何処へ行けばいいのかすら分からないまま、「もっと遠くへ」という声をあげることに

とても抵抗があったし、無責任さも感じた。

portal311の前身となるkkwsという紀里谷和明氏のグループ内のメンバー間でも

そこで袂を分かつことになり、私は先にkkwsを飛び出し一人で物資支援のFix活動を

始める事となったが、間もなく同じベクトルの仲間と合流しkkwsで作成していた

避難住居のリストをWEB上で公開することにした。

 

@savefukushimaaさんのツイートと出会い、流れて消えていく福島のママさんたちの

悲痛な叫びを何処かに書きとめ、何処かに伝えなくてはと思い、このサイトをかなりの

短時間で作ってしまった。

そして更に、皆さんの協力を得て「子どもたちの疎開先リスト」を作成することに。

コレは木下黄太氏と相談の上、どれくらいの受け入れ先があるのか避難者用住居と

子どもたちの疎開先・ホームステイ受け入れ先の「数を割り出す」目的もあった。

 

公開間もなくは絶えず40名以上の閲覧があり、WEBの向こう側から避難先住居や

子どもの疎開先を探している様子が見てとれた。

書き込みに協力して下さる人も増え、リストはA3に印刷すると60枚にもなるほどになった。

 

6月の末に、7月10日で民間宿泊施設に委託されていた避難先が無くなるという事で

厚労省への問い合わせと共に、福島県サイドの方針などを改めて洗いなおした。

7月10日で宿泊施設への受け入れが無くなるというのは、単純に観光地の繁忙期になるので

それまでの受け入れなのだと、私は勝手に思っていた。それは、「繁忙期にはお断りする

かもしれません」と書いている施設があったので単純に全ての宿泊施設が10日で消えると

勘違いしてしまっていたのだ。 それを北海道の「のんさん」にリプライしたところ、

伊豆観光協会さんが、自分達の都合で10日で打ち切りなのではなく、福島県の方から

要請の延長はしないという通達があったので、10日で終わるのです。という説明を貰った。

 

なんという切ない話だろう。これに併せるかのように雇用促進住宅は、福島県民以外は

受け入れないという通達があり、厚労省の電話口での門前払いが始まった。

HPにはその更新が無く、ただただ問い合わせる電話に出た人が他府県の一時避難者は

雇用促進住宅には受け入れられないと言うだけ。

こんなに避難先を探している人が沢山居るというのに・・・

そこで、福島県民以外の雇用促進住宅への避難の道は閉ざされた。

 

その時に、どうも互いに話しが噛み合わない福島県県会議員の石原氏と出会う。

ブロックしてやろうかと思うくらい、話が噛み合わない。

石原氏の話しによると、福島県は二次避難所の延長を断っていないと言った。

これは後から分かったのだけど、福島県は延長を断ったのではなく

最初から一時避難とショートステイの避難を認めていなかったということだった。

 

災害救助法では、県がそれを発動する権利があり〇月〇日までお願いします。と言えば

民間宿泊施設を避難所として利用する事ができるというもの。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

 《当サイトはリンクフリーです》

 バナーをお使い下さい

 

◆PORTAL311

 被災者支援ポータルサイト

メンバー全員ボランティアです

 

 

portal311

portal311をフォローしましょうTwitter始めました

福島の子どもたちを守ろう facebook公開ページ
福島の子どもたちを守ろう facebook公開ページ
子ども全国ネットはバナーをクリック
子ども全国ネットはバナーをクリック
放射能防御プロジェクト
放射能防御プロジェクト

facebookグ ループ

福島第一原発を考えます」が母体となって生まれたグループです。ヨーロッパ・国内各地のグループも発足しています。

市民放射能測定所
市民放射能測定所

測定したデータはウェブサイト等で公開しています。基金も募っております。

 

政府関係から重要なお知らせ 

 

原子力安全研究所IRSN報告

 日本語訳

食品の放射性物質検査データ

福島第一原発ライブカメラ

JNN福島第一原発情報カメラ

関東各地の放射能の可視化

 

 

【ブックマーク推奨】

皆で作る放射線量マップ

 東京都内の線量マップ

全国放射線量・積算量

 可視化ビジュアルマップ

全国環境放射線モニタリング

アクロによるモニタニング 

ベクレル・シーベルト計算換算

子供たちをめぐる情報リンク集

横浜ママパパの放射線便り

 

 

 ★チェルノブイリ新聞切り抜き帖(1986.4~12)

 

 

 ◆県内情報

【SAVE FUKUSIMA】 

http://savefukushima.direx.ne.jp/  

【SAVE IBARAKI】 

http://saveibaraki.at-ninja.jp/

【SAVE IWATE】 

http://saveibaraki.at-ninja.jp/iwate/iwate.html

【SAVE MIYAGI】

http://durango.jp/save_miyagi/

 

 

■すぐにできる署名

STOP原発!SAVE福島!

メールフォームで反原発署名

 

 

 

■ブログ&メッセージ

チェルノブイリの教訓

中部大学・武田教授のブログ

静岡大学防災総合センター小山真人教授からのメッセージ

心の防衛機構「解離

避難遅れる正常性バイアス

高知県東陽町長日誌

原発がどんなものか知って欲しい

心援隊のブログ

風評と言えるのか?

リスクと付き合う

森住卓のフォトブログ

小出裕章氏の非公式まとめ

低線量内部被爆について

自己造血幹細胞の採取と保存計画についてSave Fukushima 50

木下黄太氏のブログ

福島県の隣で迎えている現実

柚木ミサト~こういうこと

疋田さんのブログ

子供に分かりやすく説明する絵

 

 

 

 

■情報提供交換サイト

savefukushima twilog
FOR OUR CHILDREN
子を思う親たちの有志の会
mixiコミュ~繋ぐ命~

 被ばくから子どもたちを守れ

原発に不安を感じるママの会

ハイロアクション

福島の子供たちを守ろう

子供たちを放射能から守る

  福島ネットワーク 

SAVE CHILD子供を守ろう

nanohana

SAY-Peace PROJECT 

MSCR

mamaとmamaを繋ぐサイト

製造所固有記号@ウィキ

赤ちゃん一時避難プロジェクト

福島第一原発を考えます

福島大学原発災害支援forum

 

 

 

■疎開・避難情報
・都道府県別
 震災被災者対象住宅支援情報

産婦人科被災者受入病院情報

母子疎開支援 hahako

チェルノブイリへのかけはし

 

 

■動画
ニュースの深層

 福島第一原発と放射能汚染
田中優さん講演

 放射能を正しく知ろう

村上誠一郎氏質疑

 東京は既に被爆していた

子どもたちを放射能から守れ

 5月2日政府交渉

小出裕章氏講演

 大切な人に伝えて下さい

小出裕章氏講演

 内部被爆の重要性

 晩発性障害・急性障害

小出裕章氏講演

 20mSv/yは子供25人に1人が

 癌死する

 .フジTV・とくダネ2011.5.10

  福島の子供たち20問題

  (削除されました)

福島講演/武田邦彦5/16

  二本松講演 

【冒頭陳述】参考人武田邦彦

  2011.5.18

山本太郎氏のメッセージ

 

 

 

■文科省

全国の放射線モニタリングデータ


■ご意見ご要望フォーム
文部科学省

 

 

■補償

原発損害の補償について

原発東電補償相談室

 

■被災地支援物資情報

できること

 

 

■ペット関連

 

被災動物義援金募集中です

 

福島被災動物レスキュー

被災地で保護されたペット情報

 

・原発の避難区域で

 犬が保護された瞬間です

 ご自身の犬はいませんか?

 

・Japan Dog Standard (NPO)

   facebook ウォール

 

福島県動物救護本部

 20km圏内で保護された

 ペットたちのリストです

 保護された犬のリスト写真 

 保護された猫のリスト写真

 

ボランティアによる保護状況

 

 

 

 

 

東北地震犬猫レスキュー.com

 

 

 

 

 

 

◆資料◆

福島学校調査 

 

What's New!

 

お問合わせはこちらから